大黒屋

大黒屋 江戸木箸

大黒屋の箸の紙帯にある『江戸木箸』は、他の地域で生産される箸と区別するため、同店の主人、竹田勝彦が1999年(平成11)に商標登録したもの。材から大まかに寸法を取る『板割り』から最終の『仕上げ』に至るまでの工程すべてを、職人が手仕事で行っている。特に「箸のいのちは、喰い先一寸」と、箸二本の先端がぴったり合う精度に留意しており、専用のカンナで丁寧に削り出された細い箸先は、「つまみやすい」と好評である。材は、黒檀、紫檀、鉄木など、堅牢で粘りのある『堅木(かたぎ)』を使用する。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

7商品中 1-7商品

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!