浜野まゆみ 白磁煎茶碗五客組

口径67mm 高40mm
以前に百合の花のかたちの小鉢がありましたが、その技法を応用して煎茶碗を作ったそうです。百合の小鉢も薄手でしたが、こちらもそれに負けない薄さです。ふつう、手びねりで成形するときは粘土を3mm程度の厚さにスライスしますが、これはその半分以下、1.2〜1.5mmくらいになっていると思います。だから形に緊張感があり、ぴりっとしています。日にかざすと持つ指が透けて見えます。
もちろんそれだけ薄いので熱いお茶は不向きで、玉露や上煎茶など40〜50℃で喫するものに向いています。煎茶道のお点前で使われている煎茶碗の大きさと思し召しください。
菊の花のような形状で、指先が納まりやすく楽に持てます。口当たりもよく、ぐい呑みにも使えます。
※内側に細い筋が見えますが(4枚目の画像)素地に現れたシワで、ヒビではありません。素地を成形する段階で粘土が重なって出来た跡です。このシワを出そうか消そうか考え(素地の仕上げのときに消せる)、浜野さんはあえて出そうと決めました。この購入をお考えの際はその点をご理解ください。
販売価格 27,500円(税2,500円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!