ハラダマホ 練り上げパスタ皿『ワニの庭』

直径230mm 高40mm
ワニの庭。フロリダの一般住宅の庭にはワニがしばしば出没するそうで、それを思い出しました。物騒な回文です。「裏も表も同じ模様の練り上げに、回文の名前は相応しい」という意見も一部にあります。作者の話によると別府温泉の地獄めぐりのうち、鬼山地獄(別名をワニ地獄)を見たときの印象だそうです。西日本だと別府温泉ですが、東日本では熱川のバナナワニ園ですね。鬼とバナナでかなり印象が異なりますが、温泉熱でワニを飼育するコンセプトは一緒です。ふだん見馴れない動物を集団飼育する、というのは登別のクマ牧場も同じですが、観光地独特の発想なんでしょうか?
ちなみに、ワニは高速で走る特技?があり、瞬間最高時速60辧とか。競走馬並みのスピード。ダッシュが何秒続くのか分かりませんが、見つかったらもう逃げられない。日本の何処でワニに見つかるか?という話ですが。
僕は『ワニの庭』を最初に見たとき、ゴーヤーを連想しました。観葉植物のモンステラみたいな感じもします。キース・ヘリングを想い起こさせる構図や色使いだと思いました。中央の灰赤紫と黄色のコンビネーションがもやっとした雰囲気を出して、かえってアクセントになっています。
おしまいは自作の回文で。『博多のタカ派』。ホークス、3年連続日本一なるか!?
販売価格 27,500円(税2,500円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!