浜野まゆみ 白土花紋蓋付き碗 A

口径110mm 高62mm
青白磁碗の胴や見込み、蓋に咲いた花模様は、作者によれば「春の野の花を散らしてみました」とのことです。僕にはカタバミに見えます(何の花、と決めつけないで見る人それぞれの好きな花、思い浮かべた花でいいのですが)。
白化粧土を磁土の素地に型紙で摺る、いわばWhite on Whiteの加飾なので目を凝らさないと中々わかりません。釉薬が濃く掛かったところではっきり浮き上がります。その釉薬が、あるところは濃くあるところは薄く、たなびく霞のようで何とも情緒があります。化粧土や釉薬のムラ(作家が意図的に作るのですが)や石ハゼなど、うつわに出たいろいろな表情を『景色』といいますが、この碗では釉薬が文字どおり『景色』を作っています。
蓋付きになるとうつわの格が上がります。お碗の中は何なのか?蓋を取る楽しみもあります。お祝いや節句など、特別な日のお膳にとてもよい彩りになります。
販売価格 12,960円(税960円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!