イシバシミキコ 額絵『シロハラ』

紙 墨 額のサイズ98mm×98mm×24mm 絵のサイズ50mm×50mm
シロハラという体長24cmの野鳥です。インターネットで調べると、どのサイトも一律に『体長24cm』となっています、なぜでしょう?……。というようなネットで得た知識を下地にして書くので、その程度に正しい記事と思し召しください。
わが国には10月下旬頃に中国北東部、ロシア沿岸部(ハバロフスクとかウスリー江とか懐かしい地名が出てきた)から渡って来る冬鳥です。近い種のツグミと似ているが、胴体が虎斑のツグミに対して、白い腹が(シロハラだけに)特徴的、とそのくらいツグミに似ているのでしょう。野鳥を獲る猟師が「ツグミかと思ったらシロハラか……」とか言って、それで付いたような名前です(個人の感想です)。捕獲狩猟の現場にいる者が種の識別に誰より詳しい、ということは言えそうです。
シロハラは道に散った落ち葉をクチバシでつついて、隠れた虫を捕食する『落ち葉返し』という芸が得意です。くノ一忍法落ち葉返し、とかありそう。ヤマガラは木の実を器用につつく特技があって、おみくじを引く神職?に就きました。シロハラの落ち葉返しもナカナカのものだと思いますが、芸にするにはちょっと乱暴かな?
イシバシさんが描いたシロハラは星の入った黒目が可憐ですが、クチバシや脚のツメが鋭く尖っていて精悍です。はずむような野性のエネルギーが漲っています。身震いして今にも飛び立ちそうな動感があります。紙の白を生かしたグラデーションの描き分けは、職業画家ならではの腕前です。藍色の厚紙でマウント加工してあります。木のフレームに、金属の質感を出す塗料が塗ってあります。
販売価格 10,800円(税800円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!