浜野まゆみ 色絵桜花紋猪口

口径53mm 高59mm
浜野まゆみの猪口やぐい呑みを見るたびに「磁器でもいろいろあるな……」と改めて思います。この色絵猪口は印象がかなり『濃い』感じです。呉須や上絵具の発色が全体に濃い、ということもありますが、降りものの様子が何と言っても『濃い』印象を強めています。降りものは、窯焚きの灰がうつわに付着したもので、磁器では通常嫌われますが(というよりガス窯や電気窯ではそもそも発生しない)浜野まゆみの作品の中では大きな魅力になっています。
浜野さんの作る筒ものは、ぐい呑み、猪口、湯呑みの順に大きくなります。ぐい呑みの口径が40mm、猪口は50mm、湯呑みは60mm前後です。このくらいの寸法のうつわでは10mm直径が変わるとほとんど別物です。見た目も違いますが、手取りの感じがはっきり違います。
口縁に描かれた紋様は線に勢いがあり、胴の降りものと相俟って豪快(?)な雰囲気です。こういう感じを出すのも浜野さんは上手いですね。
販売価格 10,800円(税800円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!