ハラダマホ 練り上げカップソーサー『まめの木』A

カップ:直径87mm 高70mm ソーサー:直径137mm 高22mm
カップソーサーは、WebShopで以前に紹介した『根子岳』『ルンバ』のほかに『ピエロ』『影』『古代』『アルマジロ』、デミタスでも『フレンチ』『カーニバル』『ショコラ』など特に印象深い作品が多く、またカップソーサー専用にデザインを起こしたものが多いのも特徴です。
『まめの木』は、もともとカップが作られました。ハンドルのない蕎麦猪口状のうつわからカップソーサーに採用された、数少ない出世柄(?)です。
以前にハラダさんから聞いた話ですが、カップソーサーの柄を考えるのが最もたいへんなんだそうです。カップと皿を別々に考えるのと比べて5倍くらい悩む、とか。『まめの木』のソーサーはシンプルな格子柄ですが、ここに落ち着くまで作者の七転八倒があった……、とご推察ください。ソーサーの格子柄は、豆のツルが絡む育成用のフェンスにも見えます。マメ、というと草っぽいイメージですが、多年草から大木に成長するものも多く、『ジャックと豆の木』で豆がフィーチャーされたのは成長が早い、ツルがよく伸びる、大きく育つ、の3点がポイントを稼いだからでしょう。足利フラワーパークの藤も、とんでもなくデカいし。そういう目で『まめの木』の柄を見ると、にょきにょきと伸びる感じが確かにあります。
販売価格 12,960円(税960円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!