入江光人司 備前宝瓶『松』

口径90mm 高63mm ※共箱共布付
いかにも備前焼、という焼き上がりの宝瓶です。『紫蘇色』『黄胡麻』『焦げ』三つの景色がバランスよく現れています。特に『焦げ』がいいですね!この宝瓶の魅力は『焦げ』かもしれません。備前焼の色々ある景色の中で、『焦げ』はもっとも地味な要素です。『牡丹餅』みたいに派手でないので中々注目されませんが、ひじょうに渋くて味わい深いものです。それも単に『黒焦げ』色でなく、とても濃い紫檀色をしています。画像ではコントラストの関係で潰れ気味ですが、実物を見ればその発色のよさが分かると思います。
松ぼっくりが摘まみ、というのもアイディア?です。入江光人司の宝瓶の摘まみは、細工の精妙さもさることながら実用性(摘まみやすい)も優れています。その中でも松ぼっくりは指のグリップが効く点で最上位、といえます。と書くと、なにかアイデアグッズの宣伝文みたいですが、そのくらい実用面もよく考えられている道具だということです。実用的でないのは値段くらいかな?でも、入江光人司の年間生産量を勘案すると決して高額ではないんですが。ひとつよろしくご検討ください。。。
販売価格 64,800円(税4,800円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!