小山一草 備前緋襷宝瓶

口径82mm 高66mm ※共箱共布付
うつわに藁を巻き焼成すると、藁に接した部分が赤く発色するのが『緋襷』です。藁は比較的低温で燃えてしまうのですが、それが一週間以上も焚き続ける備前焼の景色になって残るのがおもしろいと思います。
緋襷は、何と言っても赤い景色の鮮やかさ、そして緋色をきれいに見せる素地の色が出来の良し悪しを分けます。個人的な好みもあるでしょうが、コンクリートのような灰色よりも生成りに近いクリーム色の素地のほうが、緋襷がより映えて鮮やかに見えます(桃山時代の茶入れの名品も、柔らかに見える素地と澄んだ緋色のコントラストが印象的です)。
作者の二代目小山一草は、ロクロで茶道具、酒器、食器などを作る一方、置物や香炉などの手びねりを得意としていました。革袋のようなふわっとした柔らかさを出すあたりに、細工名人としての巧みさが現れています。もちろん蓋の合わせ、注口の水の切れなど細部の造りは工芸・実用両面で良好です。
販売価格 38,880円(税2,880円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!