石畑哲雄 漆 4.1寸椀 朱 面取り

口径124mm 高70mm
石畑哲雄の漆椀五種中、最も直線が強調されて、朝鮮半島の陶器のようなフォルムです。お茶碗でいうと『柿の蔕(かきのへた)茶碗』に似ています。
作者は、この個性的な形状に合わせて朱漆も使い分け、バーミリオンに近い明るめの朱色に仕上げています。色も形も3.8寸椀と好対照です。腰の辺りに下地の黒漆がうっすら透けて、やきもので言う『景色』のような味わいがあります。この景色が、使い込むほど変化を見せるのでしょう。陶器を育てるのと同様な楽しみがありそうです。

石畑哲雄 汁椀サイズ一覧

4寸椀がもっとも一般的な汁椀のサイズです。
販売価格 12,960円(税960円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!