浜野まゆみ 白磁陽刻唐草紋隅入皿

長辺145mm 短辺115mm 高25mm
以前に紹介した唐草紋隅入皿五枚組の、今回は単品です。この皿は一枚でも強い存在感があります。皿の四辺の優美な陽刻模様と、裏面の豪快な唐草の染付が対照的です。低めの高台に描かれた櫛模様もキッチリとした感じです。ちなみにこういった高台の櫛模様は古九谷様式のうつわによく見られます。それが後年の鍋島焼の櫛模様に継承されたのではないか、と思われます。そう言われてみると、この隅入皿にも古九谷の趣きが感じられます。うつわの成形から加飾、釉掛け、窯焚きまで一連の工程全てに力を注ぐ、その労力がうつわの美しさになって現れています。
お刺身の三種盛り合わせとか、見るからに似合いそうです。魚の切り身も小さめのものなら乗ります。適度な深さがあるので、煮付けもOKです。煮汁の飴色と白磁のコントラスト、そこに浮かぶ陽刻の唐草模様……。食卓の美をあなたに。
販売価格 13,200円(税1,200円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!