イシバシミキコ 額絵『ねこ』A

キャンバス アクリル絵具 額のサイズ93mm×72mm×18mm 絵のサイズ60mm×38mm
イシバシミキコの描く猫は(手ぬぐいの柄に描かれた三匹もそうですが)、可愛くないというわけではないけれど(微妙な言い回し……)なにか企んでいるようなイタズラしそうな、一筋縄ではいかない様子です。実物の猫もなかなか油断ならない奴らですが。しかし一方でみょうに幼稚なところがありますね!なに考えているんだろう?と見ていると急に毛布で乳揉みを始めたり、自分の尻尾にじゃれついてクルクル回ったり。何か考えてる、と見るのは人間側の思い過ごしで、根っこは意外と単純なのかも。そんな相反する猫の性格、表情をイシバシさんはたくみに捉えています。身近に猫がいる方は「そうそう、猫ってしょっちゅうこんな顔してるよね!」と、思い当たるに違いありません。
印刷物やデジタル画像では出しにくい、微妙な色彩や描線のニュアンスが肉筆画にはあります。この絵でいうとイエローオーカーとグレーの混ざり具合が画像で見るよりもっと溶け込んだ色合いで、きれいです。アウトラインの濃淡もふわっとした感じで、猫の柔らかい質感に似ています。そして何より存在感が、プリントとは違います。小さくても目に留まるのは、そのせいでしょう。
販売価格 10,800円(税800円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!