浜野まゆみ 青磁分銅形皿 A

長辺163mm 短辺108mm 高35mm
素地は、以前からウェブサイトで紹介している『染付兎紋分銅形皿』と同じです。呉須の下絵付けを施さず、青磁釉を掛け焼成しました。もちろん、加飾方法が違うので両者は印象が異なりますが、二つ並べると(四枚目の画像)似てはいないけど良いコンビです。元々はあのみっちりした絵柄を活かすのための分銅皿ですが、複雑な面が数多くあるため、青磁釉の濃く掛かったところ、淡いところ、焼成中に釉薬が流れて溜まり、ひときわグリーンの深いところなど各所に変化が現れ、ちいさなうつわですが見飽きません。
『青磁に口紅(鉄釉でうつわの縁取りをすること)』は、本家・中国の典型的な意匠でもあるので、相性はきわめて良好です。そういう目で見ると、この分銅皿にはたしかにシノワズリがただよっています。宋代にオリジナルを持つような風貌。中華風な使い方、シューマイを2つ3つ並べるとかエビチリを小分けにするとか、そういうのは青磁の独壇場ですね。ジェイドグリーンは酒の肴の塩辛や佃煮、金山寺などの暗褐色もきれいに見せます。カブやナスのお新香も合いそう。いろいろ使ってお試しください。
販売価格 8,640円(税640円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!