川上清美 刷毛目ぐい呑み 2

口径87mm(長辺)83mm(短辺) 高35mm ※共箱共布付
前回に掲載した刷毛目ぐい呑みよりやや小さめです。また、焼成が違うので見た目がかなり異なります。前回は還元が強くかかって堅く焼き締まり、陶土がグレーに発色して豪快で雄大な、いわゆる男性的な印象でした。今回の刷毛目盃は酸化焼成気味で上りがやわらかく、とは言っても釉薬がじゅうぶん溶けていますが、何が印象をいちばん変えているかといえば器肌の発色で、紫がかった茶色、紫檀色というのか、サラブレッドの毛色分類の栃栗毛(とちくりげ)に近い色味です。
このぐい呑みの見どころは別にもあって、全体は酸化焼成の発色の紫檀色ですが、一部に還元気味のグレー発色している箇所が見られることです(3枚目の画像の右側)。花入れや壺などに酸化と還元の両面が出ることは珍しくありませんが、このような小さなうつわに両方出るのは中々ないことです。とても面白い場所に窯詰めされたのではないでしょうか。

販売価格 19,440円(税1,440円)

作家から探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

関口幸治

店長の関口です。 Web Shop草堂は浜野まゆみ(磁器)、ハラダマホ(練り上げ)、イシバシミキコ(絵ハガキ、手ぬぐい)、石畑哲雄(漆器)、シマムラヒカリ(象嵌)など個性的で魅力ある作品を紹介しています。どうぞ、ご覧ください!